時間が無い日でも魚の煮付けを

お魚は、できるだけシンプルに塩で焼くか、煮るかの料理方法が好きなのですが、煮魚は、時間に余裕がある時でないと、なかなかできない調理方法の一つだと思います。
けれど、魚好きですので、いつも焼くだけでなく、煮魚が食べたいなという日もあるのです。
圧力鍋を使えば違うのかもしれませんが、あいにく持っていませんので、煮る時間を短縮してしまうと、折角の煮魚が、とんでもなく味気ないものに成り果ててしまいます。
そこで、私は、平日でも、魚の煮つけが食べられる為に、私は、休日に作った煮つけを煮汁ごと冷凍保存する方法をとっています。
煮汁ごと臭み消しに使った生姜なども全てそのまま、ジップロックや冷凍用のタッパーなどに入れて凍らせてしまうのです。
それで、食事の前に、レンジでチンしてしまうだけです。
電子レンジを使いますので、保存用の容器は、レンジ可のものを使われるのがよいと思います。
料理の時間は短縮されますが、一度、冷凍してしまったものですので、作りたてのふっくら感は失われてしまいますが、煮込み時間が足りない煮魚を口にするよりは、味が染みているように思います。
私は、スーパーなどで、綺麗なさばなが手に入る時などに、多い目に買って、作り置きしておきます。
仕事から帰り、魚の煮物を口にできる日があると、どこかほっとできる気がします。