ブラックバスのトマトソース

ブラックバスって、湖行って、ルアーフィッシングやフライフィッシングしてそのまま、“Catch & Release”自然に優しい僕たち?なんて思っていませんか?
実際、ブラックバスは外来種なので、リリースする必要はないはずです。
逆にリリースすることによって日本の自然環境を損なってしまうのではないでしょうか?
そこで、是非ブラックバスは、”Catch & Eat”したらどうかなと思っている私です。

(すみません。昨今の釣り場事情が分からないので、皆さんの地元のルールを参照してください。)

バスと言えば・・・シーバス(Sea Bass)はスズキですし、白身の魚です。
ブラックバスもちょっとスズキより、しっかりした身ですが、淡水に生きる白身の魚です。
実際食べてみると意外に?美味しいんです。
淡水魚ですので、釣った場所によっては、多少癖があるかもしれません。
気になるようなら、洋風に濃い目の味付けにするいいかもしれません。
個人的なオススメは、内臓を取ってグリルにするか、バターとワインで蒸し焼きにしたら、
ガーリック・トマト・玉ねぎのみじん切りなどを炒めたソースをかけます。
最後にバジルとかイタリアンパセリのフレッシュハーブを沢山かけて召し上がれ。
普通のパセリでももちろん美味しいですよ。
3枚におろして、揚げて南蛮漬けもお勧めですよ。