宮崎の魚を使った郷土料理、冷や汁

アジの干物と言えば、スーパーでもネットでも、とにかくどこでも手に入る代表的なお魚ですね。
そんなアジの干物を使った、ご飯が進む美味しい魚料理を紹介したいと思います。
その魚料理のメニューとは、宮崎県の郷土料理である、「冷や汁」です。
夏にぴったりの魚料理ですが、一年中食べてももちろん美味しく簡単に作られる魚料理なので、本当におすすめですよ。
アジを使った冷や汁の、材料と作り方を説明しましょう。
用意するものは、アジの干物、味噌、だし汁(出来ればいりこだし)、あとはお好みの薬味として、茗荷やきゅうりや豆腐などです。
作り方はとても簡単です。

まず、アジの干物を焼きます。
こんがり美味しそうに焼けたら、骨やエラ、頭などを大まかに取り外します。
次に、そのアジの身をほぐしましょう。
すり鉢とすりこぎで丁寧にほぐすのも良いですが、フードプロセッサー等を使うと更に簡単にこまかくほぐせますよ。
ほぐしたら、ほぐしたアジの身と味噌をよく混ぜます。

そこへ、作っておいただし汁をかけて混ぜましょう。
だし汁は自分でとっても良いですし、だしの素等を使っても構いません。
だし汁とアジと味噌がよく混ざったら、出来上がりです。
時間があったら冷蔵庫で冷やすと美味しいですが、そのままでも食べられます。
出来上がった冷や汁を、ご飯の上にかけて、お好みで薬味を散らしていただきます。
とても簡単で美味しいのに、アジや味噌が入って栄養もあるので、是非作ってみてくださいね。