マゴチの刺身とあら汁

マゴチという魚は、私にとっては最大級に魅力的な魚です。
フィッシュイーターというのですが、他の魚を襲って食べる魚、バリバリの肉食魚です。そしてそういう魚は概して美味しいものです。
釣る方法は、ルアーか、または生きたイワシなどを針につけて泳がせ、それを食いつかせる泳がせ釣りがあります。そして私はこの泳がせ釣りのファンです。

釣れたマゴチは、アベレージ50cmくらい。そして夏が旬な魚になります。
食べ方は、なんといってもお刺身が一番。夏場のマゴチの刺身は、半透明で白身で、こりこりとした歯ごたえが最高です。その味は、フグにも似たものがあります。

刺身にする過程で、頭、骨、ひれなどが残りますが、これらは決して捨ててはなりません。味噌汁の出汁として投入すると、驚くほど美味なあら汁を作ることができます。
あら汁の作り方は、味噌汁を作るのと全く同じ工程で大丈夫です。出汁をよく取るために、若干弱火にして、いつもよりも長めに火を通すことくらいでしょうか。

あら汁に使ったマゴチの身のうち、ほほの肉は、もちもちとした食感があり、これまた大変に美味なものです。
マゴチという魚は、大抵、料亭行きになってしまい、あまりスーパーで見かけることはありませんが、手に入れたらぜひ、刺身とあら汁を試してみてください。