私がお薦めする焼きサバの煮付け

私は現在鳥取県に住んでいますが、鳥取県には焼いたサバをダシしょう油で煮て食べる料理があります。その料理のレシピは、以下のようなものです。
まず鳥取県のスーパーマーケットには、焼いてある大きめのサバが1匹パックに入って販売されていることが多いです。その焼いてあるサバを使うと、簡単に料理が出来ます。そのようなサバを使わない場合は、生のサバをグリルで焼いてから使ってもよいでしょう。
その焼いてある1匹の大きめのサバを、5センチくらいの塊に切ります。
そして、サバと一緒に煮る野菜などを切ります。サバと一緒に煮る物は、玉ねぎやキノコ類がよいでしょう。キノコ類はじめじでも、えのき茸などでもよいです。

玉ねぎはスライスして切り、キノコ類も食べやすい大きさに切ります。
そして焼いたサバとスライスした玉ねぎ、切ったキノコ類を、ダシしょう油が入った鍋の中に入れて煮ます。
ダシしょう油は、しょう油やみりんなどで自分で作ってもよいですし、市販の瓶入りのダシしょう油を使ってもよいです。
そして、玉ねぎやキノコ類がしんなりとしてきて、サバにもダシしょう油の味がついたくらいのところで火を止めます。
焼いたサバと一緒に煮る野菜類は、自分の好みの物や、その時に冷蔵庫の中にある物を工夫して入れてもよいです。
以上が、焼きサバの煮付けのレシピです。
サバも玉ねぎもキノコ類も、健康にとても良いですから、ヘルシーなレシピだと思います。