魚を三枚下ろしにする際の注意点

魚を三枚下ろしにする際に注意すべき点は、まず魚のうろこをしっかり取ることです。包丁の背を使ってうろこの生えている反対方向に向かってしっかりこそげ、うろこを落とします。
次に頭を落とします。エラと前ビレの間位に包丁を入れて頭を切ります。
頭を落としたら内臓を取ります。魚のお腹側を横に切り開き、中の内臓を手で掻きだし、よく水洗いします。
内臓が取れて綺麗になったら、魚の尾の方を左手に背骨を向こう側にし、背骨のぎりぎり上を右側から包丁で横に切っていきます。片方切れたら反対側も同じ様にして切って完成です。
この時に、背骨ぎりぎりに包丁が入らないと身が背骨に残って非常にもったいないことになります。また、ぎりぎり過ぎて背骨が切れて身の方に付いてくると食べにくくなってしまいます。ちょうど良い所に包丁を入れてさっと三枚に下ろせる様になるためには、とにかく数をこなしてその感覚をつかむしかありません。
調理の際にはまな板や包丁の清潔にも十分気を付けて下さい。魚の血が染みると臭いも色もなかなか取れにくくなりますので、まな板は木ではない方が良いでしょう。包丁も身の崩れを防ぐために良く切れるものを用意して下さい。
調理前と後にはしっかり手洗いも忘れないで下さい。
また、調理後に出た魚の内臓や頭はビニール袋などに包んでしっかり口を閉めて下さい。すぐに腐敗臭が漂い虫が寄ってくるなど不衛生になってしまいます。