イカとさやいんげんのイカワタ炒め

用意する魚
秋刀魚
その他材料
イカ:1杯
さやいんげん:1束
にんにく:一片
青ねぎ:適宜
しょう油:大1
オイスターソース:小2
紹興酒:大3
塩:少々
こしょう:少々
水:大2

夏真っ盛りでイカが美味しい季節になってきました。
魚料理が苦手な方でもいかが嫌いな方はいないと思います。
そこでイカを使ったレシピ「イカとさやいんげんのイカワタ炒め」をご紹介します。

作り方です。
まずイカの下ごしらえです。
イカを胴を足に分けます。
足の方にイカワタが付いていますので壊さないように取っておきます。
食べられませんので目とくちばしを外します。
足の先端を少し切り2本づつ切り分けておきます。
胴はひと口大の大きさに切っておきます。
そうしましたらイカに下味を付けます。
塩、こしょうをして紹興酒を大1振って味をなじませます。
これでいかの下ごしらえは終了です。

皮をむいていませんが、皮の焼けた風味が欲しいのと赤い色目が必要なので今回は皮をむきません。
食べづらい方は皮をむいてください。
イカは先に炒めて取り置いておきます。
さやいんげんを塩ゆでして陸上げしておきます。
にんにくはみじん切り、青ねぎは小口切りにしておきます。
では、調理に入ります。
鍋に油を引きにんにく、いかわたを入れ弱火で炒めます。
しっかり炒めないと生臭さが残りますのでしっかり炒めます。
その後しょう油、オイスターソースを入れて炒めます。
しっかり炒まったら紹興酒大2、水大2を入れ煮立たせます。
そこに取り置いておいたイカを入れさっと炒め、さやいんげんを入れて炒め合わせます。
イカが固くならないように手早く炒めるのがコツです。

皿に盛り青ねぎを飾ったら出来上がりです。
おかずの他にお酒のあてにもピッタリです。